ヴィーガンが多数派の国はあるのでしょうか?

日本では、ヴィーガンは少数派というイメージを持っている方が少なくないと思います。

しかし、日本では人口の30%程度のO型も、ほかの国では80~90%だったりするように、国によって多数派・少数派が入れ替わる場合も少なくありません。

ヴィーガンが多数派の国はあるのでしょうか?

調べてみました。

ヴィーガンが多い国は?

ヴィーガンが多い国はアメリカとイギリスです。

アメリカは肥満比率が高く、自国の食生活が健康にあまりよくないと感じている人がヴィーガンになることがあるそうです。

イギリスはヴィーガン発祥の地。もともとベジタリアンが多く、環境問題への関心も国民的に高いのでヴィーガン人口が多いそうです。

ヴィーガンが多数派の国はある?

上記に挙げたアメリカとイギリスでも、ヴィーガン人口は10%未満。

多数派とはいいにくいのが現状です。

現時点では、ヴィーガンが多数派の国はないと言わざるを得ません。

最後に

ヴィーガンはまだまだ少数派です。

ですが、たまに肉を食べないなどのゆるヴィーガンは増えてきています。

環境問題に関心のある人が増えてきているので、青い地球を少しでも長く残すためにできる発信をしていきます。