SDGs12「つくる責任 つかう責任」のためにできることはゴミの削減

SDGsとは、誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を期限とする17の国際目標のことです(https://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/sdgs/index.html)。

今回はその中の「12つくる責任 つかう責任」についてご紹介します。

SDGs12「つくる責任つかう責任」とは

主に地球の資源とごみ問題についての目標です。

地球の資源には限りがありますが、人間が製品などをつくることでそれらがどんどん消費されていきます。

同時に、つくったものがごみとして捨てられると、大気汚染や水質汚染など様々な問題を引き起こします。

しかし、資源を使わずに生活するのは困難ですし、ゴミを全く出さないというのもなかなか難しいです。

なので、限りある資源を無駄なく効率的に使う方法を考えて実践することと、フードロスなどの不要なごみを減らし、リサイクルを積極的に行うことでごみの削減をしていくことが、我々一般人ができることだと思っています。

貝体的にできる身近な例

SDGs12「つくる責任 つかう責任」を具体的に実践することができる身近な例は、食べ残しをしないことです。

外食や自炊の料理はもちろん、大根の葉っぱや魚の頭などの買ってきた食材を全て使い切ることもとても役に立ちます。

また、消費期限が近い商品から購入するのも地味に見えますが大事です。

毎日食べる食材や飲み物だったら、1〜2日くらい早い消費期限のものを選んでも使い切れます。

服のリサイクルは、大手衣料品店でしたら実施しているところもありますし、ご友人たちと内輪でフリーマーケットをやるのも楽しいと思います。

最後に

そうそう無駄なごみは出していないと思っていても、意識してみると、意外とフードロスしている、意外とリサイクルできるごみを捨てているということもあります。

ぜひ一度意識してみてください。