ヴィーガン、エシカル、オーガニックショップが増えている理由は?

ヴィーガンコンサルの事業をしているので、自然と情報が入ってきやすいのですが、最近、ヴィーガンスイーツの料理教室や、エシカルなセレクトショップ、オーガニック専門の化粧品など「環境にいい」「健康にいい」と言われているものを扱ったお店が増えているように感じます。

なぜこのような動きが起きているのでしょうか?

地球湓暖化が深刻に

今年の夏、地球温暖化は地球沸騰化へとグレードを上げました。(https://yuima-ru-tokyo.com/2023/11/27/sdgs13/)

SDGsコラムでもお話している通り、地球温暖化はたいていの環境問題に関わっています。

地球温暖化を防ぐためには、フードロスや温室効果ガスを減らすことが有効と言われていますが、それが自然とお肉を食べる習慣を減らすことや、廃棄野菜などを使った食事を選ぶこと、自然由来の商品を選ぶ方へ消費をシフトしようという動きにつながっているのかもしれません。

子供・孫世代に青い地球を残したい

数十年後には、海を漂うペットボトルの数が魚の数を超えると言われています。

そうなったとき、子供を海に連れていきたいと思うでしょうか。

そうならないように、マイクロプラスチックを使った商品を製作したり、マイボトル用のおしゃれな水筒が"えたりしているのだと思います。

短期ではなく、長期的な視野でみて、「地球にいいものを」という考えの人が揃えたのでしょうね。

今はまだマイナーな方かもしれませんが、数年後にはメジャーなコンセプトになっていたら嬉しいです。

最後に

オーガニックはだいぶ浸透してきているので減ったと思いますが、正直、ヴィーガンやエシカルコンセプトには、アンチもいます。

ヴィーガンやエシカルショップがコンビニくらい当たり前になったら、そんな声もなくなるはずです。

地球のため、子供や孫世代のために、ちょっとだけ意識した行動をしようと考える人が、この記事を読んで少しだけ増えたら嬉しいです。